独自配信は迷惑フォルダに入りにくい

せっかくメールマガジンを配信をしても、読者側の迷惑フィルタではじかれてしまい、迷惑フォルダに入ってしまったら意味がありません。

メルマガ配信サービスは共有サービスのことが多いため、他のユーザーがスパム的な使い方をしていることもあります。
たとえ、自分では普通に使っていたとしても、予期せずに迷惑フォルダに入ってしまう可能性もあるのです。

フリーメールなどは迷惑フォルダに入りやすいといわれていますが、これはたくさんのユーザーが同一のドメインを利用しているからです。
ヤフーなら~@yahoo.co.jp、グーグルなら~@gmail.comなど、ユーザーIDはそれぞれ違っていても、ドメインの部分はみな同じものを使っています。

例えば、スパム行為をしている人がヤフーメールを使っていた場合、受信側としてはyahoo.co.jpからのメールが迷惑メールと報告され、このドメインからのメールが排除するようなフィルタのかかる可能性があります。
そうなってしまうと、このドメインを利用しているメールアドレスのすべてが迷惑フォルダに入ってしまうわけです。

これは受信側のスパム判定能力によりますが、これと同じことがメルマガ配信にもいえます。

もし、利用しているシステムが迷惑フォルダに入ってしまう場合、自分の独自ドメインでメール配信することをおすすめします。通常のメルマガ配信サービスがレンタルであるのに対して、この場合はサーバーに独自にシステムを組み込んでの使い方となります。レンタルと比較すると費用は高額化する傾向にありますが、より確実に配信するためには独自に配信した方がよいでしょう。

トップメルマガ配信ASP読者リスト獲得の重要性独自配信FAQ